【悲報】レーダー照射問題、日本政府が強く抗議できない理由が判明...このまま泣き寝入りなの?

5pt   2019-01-12 15:00
おーるじゃんる

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [TW] 2019/01/12(土) 09:49:16.93 ID:JhDYXdbx0● BE:299336179-PLT(13500) (略)
こんな愚行を続ければ核戦争に発展しかねないから、米ソは72年に「海上事故防止協定」を結び、英、仏、独、伊、加などもこれに続いた。日本も93年に同様な「日露海上事故防止協定」を締結した。

これらの協定はたがいの海軍の監視活動は認めつつ、衝突防止の方法や、事故の場合の情報交換、危険行為の禁止などを定めている。日露協定でも「砲、ミサイル発射装置、魚雷発射管、その他の武器を指向すること」や「艦橋、航空機の操縦席への探照灯の照射」などを危険行為として禁じているが、火器管制レーダーの照射は禁じていない。
以下略、全文はソースへ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190111-00000073-sasahi-kr
▽オススメ
【トランプ帝国】次期世界銀行総裁候補にイバンカ大統領補佐官らが浮上


c?ro=1&act=rss&output=no&id=5012167&name
   アンテナ de チェック!トップページへ
の話題が沢山。